その1はこちら

その2はこちら

 

前回はおきものの種類と格の礼装着について

お話ししましたが、今回は

略礼装着(準礼装着)

について詳しくご説明したいと思います!

 

略礼装着は紋や帯の合わせによって

格が変わったりするので

お着物を難しく感じる1番のポイントは

個人的にはここなのかな~と思ってます!

 

◉略礼装着(準礼装着)

略礼装着は礼装着に次ぐ格になります。

華やかさもあるので、入学式や結婚式の披露宴、初釜などにもちいられます!

 

⚪︎色留袖

地色が黒以外の裾模様のきもので、既婚女性や振袖を卒業した未婚女性が礼装・準礼装として着用します。

着用は婚礼では未婚の姉妹や親族が適しており、華やかなパーティーなども可です。

五つ紋の着物にすると第一礼装になります。

三つ紋にすると着る機会は幅広くなります。

着用していく場所によって帯も合わせて良い帯、

合わせるべきでない帯などの違いがでてきます。

 

⚪︎訪問着

絵羽付け模様の美しいおきものです。

格調の高い古典柄や豪華なものは、一つ紋をつけると

準礼装として装うことができます。

最も幅広く活用できるきものですが、着る場所に応じてふさわしい柄を選ぶのが大切です。

 

⚪︎付け下げ

訪問着に次ぐ格のきもので、絵羽付けを簡略化したものになります。

基本的に縫い目に柄が渡らない柄行なので、訪問着より軽い略礼装とみなされます。

 

⚪︎振袖

未婚女性の礼装着で、豪華な絵羽模様と長い袖が特徴です。

振袖の中にも種類があり、中振袖・小振袖とあります。

結婚式からお茶会や軽いパーティーなど出席するものにおいて、相応しいおきものを選びます。

 

⚪︎色無地

地紋のある生地を黒以外に染めたもので柄がない無地の着物が色無地になります。

礼装として五つ紋をつける場合もありますが、一般的には一つ紋をつける事が多く格のある帯合わせで準礼装になります。

 

⚪︎江戸小紋の紋付

江戸時代の武士の裃から発展し、白生地に細かい柄で染めるきものです。

色無地と同じ感覚で着用でき、細かく格のある柄なら一つ紋を付けて準礼装になります。

ただし、紋がついてない色無地や、おしゃれ感覚の柄の江戸小紋は軽い外出着になります。

 

略礼装着はここまでです!

難しくなってきましたよね笑

 

絵羽付けにも色々あったり、時期によっても

相応しい、相応しくないがあるので

難しく思ってしまいますがそこも楽しいなと

個人的には思っております!^ ^

 

次回は外出着についてまた詳しくお話ししていきます♪