この記事では、お着物の種類と格ついて解説したいと思います!!

 

まず、お着物には色んな〝種類〟と

種類に伴って〝格〟というのがあるのは

ご存知でしょうか??

 

よくお着物は難しい、、、と思われがちですが

この種類と格が難しくしてると思います笑

 

なので出来るだけ簡単にわかりやすく

解説出来たらと思います^_^

格の高い順に並んでます。

長くなるので何回かに分けてご説明します!笑

 

今回は礼装着です♪

 

◉礼装着(第一礼装)

まずは特別な時や公的な儀式の時などに着る礼装着です。ミス(未婚の女性)の第一礼装は花嫁衣装や〝五つ紋〟付きの本振袖です。

 

⚪︎打掛

白無垢、色打掛など結婚式に着る花嫁衣装です。

ちなみに位の高い花魁も着用してました!

花魁のおきものについてもまた別の回で詳しくお話ししたいと思ってます♪笑

 

⚪︎黒留袖

既婚の女性の第一礼装です。主に結婚式で新郎新婦の母や近い親族が着用します。

染め抜きの五つ紋、比翼仕立てが決まりとなっています。

 

⚪︎本振袖

未婚女性の第一礼装です。絵羽模様(きものや羽織の縫い目に渡って文様がつながっているもの)と長い袖が特徴です!総模様で袖が長い程格調が高く花嫁衣装や成人式、披露宴などに用いられます。大振袖とも呼ばれます。でも最近の成人式に本振袖はなかなかみなくなりましたね、、、笑

 

⚪︎喪服

黒一色の五つ紋付きのきものです。

黒紋付ともいいます。

 

いかがでしょうか?

ここまでが礼装着になります!

おきものは名称が難しいですよね(^^;)

 

次は略礼装着をご説明したいと思います!^^